占い師になるために必要な事

占いのセンス

 
占い師になるには、当然占いのスキルがなくては話になりません。
占術は様々あり、どの占いをするにしても、占い師はそれぞれのスキルや法則に精通している必要があります。
 
 

読解力

 
占いの知識だけでは占い師は務まりません。
占い師は、占いの知識を用いてお客さんの運命を「解読」していかなければなりません。

ですので、シンボルやカードをどう読むか。占いは読む人により結果が変わってしまいます。

ですので、ここは一番重要な部分でもあり、長年の経験や勘がものを言う部分もあります。
 
 

表現力・伝達力

 
占い師はお客様へ占い結果をわかりやすく伝え、納得させる必要があります。
結果を伝えてもわかりやすくなければ、お客様は何をいっているのか分からず、占いの質が悪いと判断していまいます。
質のいい占いを追求するには、表現力・伝達力は大切となってきます。
 
 

共感力

 
ただただ、言葉巧みなだけでは、お客様は本当の意味で満足してくれません。
自分の悩みを理解してもらい、心からの優しいアドバイスを貰えて初めて満足するのです。

占い師には、人の心を理解し、人の心に寄り添える豊かな「共感力」が必要です。
 
 

人生経験

 
相談内容にもよりますが、時には「叱咤激励」も必要となってきます。
しかし、叱咤激励をするには人生経験が必要です。同じ体験かそれ以上の体験があるからこそ、ひとを励ますことが可能なのです。
占い師のは、人一倍「人生経験」が必要なのです。
 
 

コミュニケーション力

 
上記を総合的にまとめると「コミュニケーション力」が大切になるといえます。
電話占いは会話なしには成り立ちません。

ハイレベルで豊かなコミュニケーション力があってこそ、本当の意味でお客様を満足させる事ができるのです。

「コミュニケーション能力」は占い師になる為には必要不可欠な条件です。
 
 

カリスマ性

 
ただ単にコミュニケーション能力がうまいだけでも物足りないと感じる人も事実です。

なぜ、お客様は占い師の言う事を信じてくれるのでしょうか?

それは、占い師に魅力(カリスマ性)があるからです。
占いにとってどうしても必要なもの、それは「カリスマ性」かもしてないです。
 
 

危機管理能力(クレーム対応力)

 
占い師という仕事にもクレームは寄せられてきます。

「占いが当たらなかった」「占い結果が気に入らない」「占い師との相性が合わなかった」など占い師を長くやっていけばいくほど、色々なクレームに遭遇してしまうものです。

大きな企業の占い会社でしたら、マネージメントスタッフ等が対応してくれますが、個人事業の占い事務所だと自分でどうにかしなければいけません。

クレームが処理できないとお客様とトラブルになることもあります。

占い師にはトラブルを防ぐ「危機管理能力」が求められる事も知っておいて下さい。