占い師やってはいけない事

占い師にもやってはいけない事があります。占い師を目指している方にとっては知って得する情報です。

 

生命や寿命に関する事

 
「私は後何年生きるか」「寿命をおしえて」などと言った質問は興味本位で知りたくなる内容ですよね。

ですが、寿命や病気に関する事はタブーとなります。誰でも占い結果が悪いと嫌な気分になるし、そもそも人の生死を占っても何の得にもなりません。

「占えません」と占うをことが出来ないとお断りする事が正しい選択となります。
 
 

病気や治療のアドバイス

 
「具合が悪く病気になっているか?」「病気が治るのか知りたい」と相談してくる方も稀にいます。
病気が治るかどうかの判断は医者でなくては分からないことです。

また占い師の鑑定結果を優先し医者の治療の妨げになってしまう危険性もあるので鑑定するのは辞めましょう。

ただ、健康運を占うのは問題なく、生まれ持った体質を教えたり対策などを教える事は可能です。
 
 

法律、ギャンブルに関する事

 
「この番号が当たる!」「この宝くじは当たる」などと容易にギャンブルについて占ってはいけません。
法律に関する事も占ってはいけません。法律の相談をされる方には、弁護士さんに相談するよう促しましょう。
 
 

恐怖を煽る

 
「私の言った通りにしないと貴方は幸せになれない」とお客様に恐怖心を植え付けるのは当然ながら許される事ではありません。
とても手っ取り早く顧客を掴む事ができますが、お客様が言いなりになってしまうのは非常に良くない事ですし、お客様が占い依存症になってしまう可能性もあります。
 
 

お客様の相談内容は漏らさない

 
たまにお客様の相談内容をブログに載せたりする占い師さんもいますが、これはやってはいけない事です。
お客様は信頼し占い師に相談しているので、相談内容を安易に載せてしまうのは非常に良くないですし、信頼に欠けます。
 
 

物を売りつけてはならない

 
こういった事は悪徳占い師しかやりませんが、当然「これを買わなければ幸せになれない」といったものは悪徳商法になります。
 
 

鑑定する時に自分の価値観や思いこみを入れてしまう

 

お客様に共感するのはいいのですが、共感しすぎてしまい感情が入り熱く語ってしまうと自分の価値観で物事をジャッジしてしまったり、自分の主観でアドバイスしてしまったりする事は気をつけなければなりません。

しっかりとした鑑定結果を伝えれないと占い師に相談してる意味が無くなってしまいますので、自分の主観をいれすぎたりしないよう気を付けた方がいいです。