占い師やってはいけない事

占い師にもやってはいけない事があります。占い師を目指している方にとっては知って得する情報です。

 

生命や寿命に関する事

 
「私は後何年生きるか」「寿命をおしえて」などと言った質問は興味本位で知りたくなる内容ですよね。

ですが、寿命や病気に関する事はタブーとなります。誰でも占い結果が悪いと嫌な気分になるし、そもそも人の生死を占っても何の得にもなりません。

「占えません」と占うをことが出来ないとお断りする事が正しい選択となります。
 
 

病気や治療のアドバイス

 
「具合が悪く病気になっているか?」「病気が治るのか知りたい」と相談してくる方も稀にいます。
病気が治るかどうかの判断は医者でなくては分からないことです。

また占い師の鑑定結果を優先し医者の治療の妨げになってしまう危険性もあるので鑑定するのは辞めましょう。

ただ、健康運を占うのは問題なく、生まれ持った体質を教えたり対策などを教える事は可能です。
 
 

法律、ギャンブルに関する事

 
「この番号が当たる!」「この宝くじは当たる」などと容易にギャンブルについて占ってはいけません。
法律に関する事も占ってはいけません。法律の相談をされる方には、弁護士さんに相談するよう促しましょう。
 
 

恐怖を煽る

 
「私の言った通りにしないと貴方は幸せになれない」とお客様に恐怖心を植え付けるのは当然ながら許される事ではありません。
とても手っ取り早く顧客を掴む事ができますが、お客様が言いなりになってしまうのは非常に良くない事ですし、お客様が占い依存症になってしまう可能性もあります。
 
 

お客様の相談内容は漏らさない

 
たまにお客様の相談内容をブログに載せたりする占い師さんもいますが、これはやってはいけない事です。
お客様は信頼し占い師に相談しているので、相談内容を安易に載せてしまうのは非常に良くないですし、信頼に欠けます。
 
 

物を売りつけてはならない

 
こういった事は悪徳占い師しかやりませんが、当然「これを買わなければ幸せになれない」といったものは悪徳商法になります。
 
 

鑑定する時に自分の価値観や思いこみを入れてしまう

 

お客様に共感するのはいいのですが、共感しすぎてしまい感情が入り熱く語ってしまうと自分の価値観で物事をジャッジしてしまったり、自分の主観でアドバイスしてしまったりする事は気をつけなければなりません。

しっかりとした鑑定結果を伝えれないと占い師に相談してる意味が無くなってしまいますので、自分の主観をいれすぎたりしないよう気を付けた方がいいです。

占い師になるために必要な事

占いのセンス

 
占い師になるには、当然占いのスキルがなくては話になりません。
占術は様々あり、どの占いをするにしても、占い師はそれぞれのスキルや法則に精通している必要があります。
 
 

読解力

 
占いの知識だけでは占い師は務まりません。
占い師は、占いの知識を用いてお客さんの運命を「解読」していかなければなりません。

ですので、シンボルやカードをどう読むか。占いは読む人により結果が変わってしまいます。

ですので、ここは一番重要な部分でもあり、長年の経験や勘がものを言う部分もあります。
 
 

表現力・伝達力

 
占い師はお客様へ占い結果をわかりやすく伝え、納得させる必要があります。
結果を伝えてもわかりやすくなければ、お客様は何をいっているのか分からず、占いの質が悪いと判断していまいます。
質のいい占いを追求するには、表現力・伝達力は大切となってきます。
 
 

共感力

 
ただただ、言葉巧みなだけでは、お客様は本当の意味で満足してくれません。
自分の悩みを理解してもらい、心からの優しいアドバイスを貰えて初めて満足するのです。

占い師には、人の心を理解し、人の心に寄り添える豊かな「共感力」が必要です。
 
 

人生経験

 
相談内容にもよりますが、時には「叱咤激励」も必要となってきます。
しかし、叱咤激励をするには人生経験が必要です。同じ体験かそれ以上の体験があるからこそ、ひとを励ますことが可能なのです。
占い師のは、人一倍「人生経験」が必要なのです。
 
 

コミュニケーション力

 
上記を総合的にまとめると「コミュニケーション力」が大切になるといえます。
電話占いは会話なしには成り立ちません。

ハイレベルで豊かなコミュニケーション力があってこそ、本当の意味でお客様を満足させる事ができるのです。

「コミュニケーション能力」は占い師になる為には必要不可欠な条件です。
 
 

カリスマ性

 
ただ単にコミュニケーション能力がうまいだけでも物足りないと感じる人も事実です。

なぜ、お客様は占い師の言う事を信じてくれるのでしょうか?

それは、占い師に魅力(カリスマ性)があるからです。
占いにとってどうしても必要なもの、それは「カリスマ性」かもしてないです。
 
 

危機管理能力(クレーム対応力)

 
占い師という仕事にもクレームは寄せられてきます。

「占いが当たらなかった」「占い結果が気に入らない」「占い師との相性が合わなかった」など占い師を長くやっていけばいくほど、色々なクレームに遭遇してしまうものです。

大きな企業の占い会社でしたら、マネージメントスタッフ等が対応してくれますが、個人事業の占い事務所だと自分でどうにかしなければいけません。

クレームが処理できないとお客様とトラブルになることもあります。

占い師にはトラブルを防ぐ「危機管理能力」が求められる事も知っておいて下さい。