電話占い師のメリット・デメリット

電話占い師にももちろんメリットデメリットがあります。
メリットデメリットを理解し占い師を目指しましょう。

電話占い師のメリット

 

対面しなくていい

電話占いの最大のメリットは対面しなくてよい事です。電話越しで占うわけですから、自宅やご自身の事務所から占う事もでき、人見知りの部分がネックになって占い師の仕事に就けない人も電話越しなら相手の顔を見なくて済むので対面式の占いよりも遥かに仕事がしやすいです。
 
 

副業感覚でできる

占い師になったのはいいけど、正直占いだけじゃ食べていけない占い師も多く、別のお仕事と兼業している人も珍しくありません。

しかし別の見方をすれば本業を既に持っており時間に余裕のある方は副業で行う事もできると言う事です。
本業の収入の少なさの足しや隙間時間に利用して副業として応募し登録し月数万から数十万を稼ぐ事も出来ます。

もちろん。人気占い師になれば占い一本でできます。
 
 

その気になればいくつでも続けられる

占いには定年はありません。また女性だからといって差別されることももちろんありません。「自分が続けていきたい」と思ったら生涯現役で続ける事が可能です。
 
 

電話占い師のデメリット

 

占いの知識を身につけなければいけない

占い師になるにあたって当たり前の事ですが、まず占いの知識は身につけておかなければなりません。

占いと言ってもタロットや風水、姓名判断だったり方位占いだったりと最低でも数十以上はあると思った方が良いでしょう。

まずは自分の出来そうな占いから初めていくのもいいですが、少しづつ増やしていかないと電話占い師にはまずなれないでしょう。
片手で数える程度ではなく10個ぐらいは用意しておかなければお客さんは付かないと思った方が良いでしょう。
 
 

会話術も身に付けないといけない

占いに関する知識や技術は問題無くても相手と話す以上会話術も身につけなければなりません。

鑑定結果を言うだけでは納得しても事務的で全く印象に残らないと思います。かと言って大げさな言い方をすると胡散臭い感じになったり話し方が気に食わないと聞いてすら貰えません。

一種のカリスマ性を感じさせるような言い方を身に付け万人にも受け様に振舞わないといけません。
 
 

収入は自分の技術とお客さん次第

電話占い師になれたとしても収入に関しては正直安定しません。

多いも少ないも自分の技術とお客さんの数が関わってくるので地道にコツコツとお客さんを増やして収入を得ていくなら別ですが一攫千金を狙うのには向いていません。